シミの予防に役立つ化粧水の成分といえばビタミンC

  • ビタミンCが配合された化粧水

    • 美肌に様々な効果をもたらすビタミンCは、毎日のスキンケアに欠かせない化粧水によく配合されている成分です。

      しかし、そのまま配合しても不安定な性質のため、肌に浸透して効果を発揮する前に壊れてしまいます。


      そのため、化粧水を選ぶ場合、肌に浸透できるように加工されたビタミンC誘導体は配合されているものを選びましょう。

      ビタミンCの化粧水について紹介しています。

      ビタミンC誘導体が入った化粧水の効果は多く、日焼けによるメラニン色素の生成を抑えてシミやソバカスができるのを防いでくれます。肌は太陽からの紫外線を受けると、メラニン色素を作ってダメージが肌の内部に影響を及ぼさないようにします。

      化粧水のビタミンC誘導体は、メラニン色素を生成するチロシナーゼを抑えるのに効果的です。

      他にも、抗酸化作用によって肌の老化を防ぐのに役立ちます。酸素が変化する酸化は、活性酸素によって発生する現象です。

      活性酸素自体は人体を守る役割がありますが、増えすぎると健康な細胞にまでダメージを与えてしまいます。


      細胞の代わりに化粧水のビタミンCが酸化し、細胞の酸化を防ぎます。



      さらに、ニキビやニキビ跡の炎症を抑えるのにも効果的です。炎症が起こる原因のひとつは活性酸素にあり、ニキビが炎症を起こして悪化するのを防ぎます。同時に皮脂の過剰分泌を抑える作用から、毛穴の詰まりを解消することでニキビ自体ができにくくなります。

      肌のハリを保つのに重要なコラーゲンの生成を促す効果もあり、アンチエイジングにもおすすめです。
      コラーゲンそのものを作り出すのではなく、コラーゲンを生成する際のサポートを行うので、同時に配合されている成分にも注目しましょう。



top