バナー

医療脱毛で毛が濃くなることはあるのか

脱毛方法の中でも特に強力な効果が期待できるのはなんといっても医療脱毛と言えます。

医療機関ではエステサロンでは利用できないレーザー脱毛で広範囲もしっかり処理していくことができますし、さらに針脱毛も利用することができます。

そして医療脱毛を利用すると施術を繰り返すごとに毛が薄く目立たなくなっていくということが一般的です。


でも、まれに医療脱毛を利用しているにかかわらず、以前より毛が濃くなるという現象があります。



脱毛後に毛が濃くなる症状を硬毛化と呼んでいますが、この症状は背中やうなじ、二の腕などもともと毛が薄かったり、毛が少ない場所に起こりやすいとされています。



こうした部分は出力をあげて何度も脱毛することとなりますがそのことで肌に負担がかかり、毛が濃くなるとも言われていますが、はっきりとした原因はわかっていないようです。

逆に低出力で脱毛を行うことで毛が濃くなるとも言われることもあります。
そいてこの現象は医療脱毛のレーザー脱毛だけではなく、エステサロンで提供される光脱毛でも起こることがあるようです。

そして硬毛化してしまった部分については、何度かまた照射を繰り返すことできれいになっていくとされていますので、根気よく処理を続けていきたいものです。

それから照射を続けていてもなかなか改善されない場合は針脱毛で対応していく方法もあります。



いずれにしてもこうした症状が出た場合は医師に相談し、最適な方法を考えていきたいものです。