バナー

医療脱毛と光脱毛の違いについて

医療脱毛とは、皮膚科や美容クリニックで受ける事の出来る脱毛の事を言います。


レーザー脱毛が現在では医療脱毛の主流ですが、電気針脱毛と言う方法も行われています。

レーザー脱毛は、黒に反応するレーザーの性質を利用して、皮膚内部の毛根に熱を加える事で破壊して脱毛をする方法です。

電気針脱毛は、毛穴に針を挿入して、電流を流す事で毛根を破壊して脱毛をします。
直接毛穴に針をさし込む事が出来る場所であれば、皮膚の色や、体毛の色素に左右されずに施術が行えると言う点が特徴です。電気針脱毛も、レーザー脱毛も、医療機関でのみ許可されている医療技術であり、それぞれの機器も医療機器として厚生労働省から認可を受けたもののみが使用されています。



機器を操作するスタッフも、医師免許が必要となりますので、医療として施術を受ける事が出来ます。


レーザー脱毛は、光脱毛と仕組みは似ていますが、出力が高くスピーディーに永久脱毛を完了させる事が出来ます。

光脱毛は、脱毛サロン等で行われている脱毛方法です。
メラニン色素に反応する性質を持った波長の光を、カメラのフラッシュのように一瞬肌に照射する事で、皮膚内部の毛根を破壊して脱毛します。

レーザー脱毛に比べて、出力が低い為肌への刺激も弱く、光を照射した時に感じる痛みも小さいものです。



人によっては、痛みを感じずに光を照射される瞬間に暖かくなったように感じる事もあります。



肌が弱い人や、痛みに弱い人は医療脱毛ではなく、光脱毛を選ぶと良いでしょう。